いつでも微笑みを

体を壊してやりたいこともなくなってしまったから、自分が思っていることを伝えたいことをとりとめもなくかいていくよ。

【食わず嫌いはやっぱりよくない】ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?~好きになったJKは27でした~/望公太【読書感想】

「好きです、織原さん。本当のあなたが、27歳のあなたが、大好きです」

あらすじ 

「私とデートしてくれませんか?」
男子高校生・桃田薫はある日、電車で痴漢に遭っていた女子高生・織原姫を助ける。
二人は互いに惹かれあい恋に落ちていくのだが、彼女には人に言えない秘密があった。

「……私、本当は、27歳なの」

好きになったJKの正体はアラサーのOLだった!?

秘密がバレた織原は桃田の元を去ろうとするが――

「――好きです、織原さん。本当のあなたが大好きです」
「いいの……? 本当に、私で」

平日OL→週末JK!?
可愛すぎる奇跡のアラサーとまっすぐな男子高校生による
年の差・純愛・甘々ラブコメディ、堂々開幕!

公式ブログより抜粋

 
感想

 出版社も慈善事業ではないので本を売らないといけません。そのためにも多くのユーザーの目に触れるよう色々と施策をうったりするわけですが、そのせいなのかライトノベルと呼ばれる本のタイトルに癖が多いものが多すぎる気がする。わかりやすいといえばそうなのかもしれないけれど、逆にそれで敬遠してしまう人もいると思うんですよね。

 本書もこの例に及ばずなのかなと感じています。私も正直食わず嫌いはよくないなと思いつつも発売当時はスルーしてました。しかし最近評判を目にする機会があって、それが意外と悪くなかったので読んでみることにしました。

 実際に読んでみるとこれがなかなか良いのですよ。まずいいなと感じたのは主人公もヒロインも裏表がなく素直な性格なのです。27歳OLヒロインの姫は名前をはじめいろいろなコンプレックスを持っているのですが、それを含めた全てを桃田君は受け止めてくれます。もし桃田君が同じ27歳で姫の会社の同期という設定だったら桃田君の実直さや素直さって疑問符がつくんですけど、15歳の高校生だとこれが成立してしまうんですよね。高校1年生だからいい意味で世間知らずなんです。そしてそこには裏が無い。そんな男性に惹かれるのは納得出来てしまうのです。また桃田君は背は高いけど運動が極端に苦手で今まで彼女ができなかったと作中に出てきます。中学生とか高校生って確かに運動出来るともてるんですよね。でも社会人になればそんなこと関係なくなります。二人でスポッチャでデートをして格好悪いところを見せられてもなにも姫は気にしない。むしろそんなところまで愛らしいなって想えてしまう。12歳という設定が二人の駄目なポイントをうまく相殺してるんですよね。これはうまいことやったなと思います。

 ライトノベル特有のサービスシーンも本書には盛り込まれているのですがそれも二人の関係を親密にする良いアクセントになっていてとりあえずサービスシーン入れましたみたいになっていないところは好感が持てます。まぁなくてもお話的にはなんら問題は無いかと思いますが…

 なにより二人ともとても可愛らしいんですよね。ヒロインも主人公も。この二人がセットだから二人とも可愛いくなる。むしろこの二人じゃ無いと駄目なんです。この二人だから読んでいて温かい気持ちになれる。いつまでも二人を見守っていたいそんな気持ちにさせてくれます。

まとめ

 この物語は作者がどうしてもやりたい企画だったそうです。好きこそものの上手なれとはよく言った物です。それだけにとても物語を大切にしているという印象を受けました。折角ですし二人が結婚するくらいまでこの物語を書き続けて欲しいな。そしてこの二人には幸せになって欲しいなと心から願います。2巻も期待したいです。

 

2巻の感想はこちら
www.ritzberryfields.com