いつでも微笑みを

体を壊してやりたいこともなくなってしまったから、自分が思っていることを伝えたいことをとりとめもなくかいていくよ。

【この世界のどこかで】Hello,Hello and Hello/葉月文【読書感想】

――世界で一番幸せな恋の話でした。

あらすじ

 いつだって、この出会いは必然だった――
第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作!
――これは僕が失った、二百十四回にも及ぶ一週間の恋の話。
そして、わたしが手にした、四年に及ぶ一度きりの恋の話。

「ねえ、由くん。わたしはあなたが――」
 初めて聞いたその声に足を止める。学校からの帰り道。中学のグラウンドや、駅前の本屋。それから白い猫が眠る空き地の中で、なぜだか僕のことを知っている不思議な少女・椎名由希は、いつもそんな風に声をかけてきた。
 笑って、泣いて、怒って、手を繋いで。
 僕たちは何度も、消えていく思い出を、どこにも存在しない約束を重ねていく。
 だから、僕は何も知らなかったんだ。
 由希が浮かべた笑顔の価値も、零した涙の意味も。たくさんの「初めまして」に込められた、たった一つの想いすら。
 ――これは残酷なまでに切なく、心を捉えて離さない、出会いと別れの物語。

 公式ページより抜粋

 

この作品を三行でまとめると

  • お話の構成がよく出来ていた
  • 孤独の中で見つけた一筋の光
  • ラストはあなた自身の目で

 

感想

 読み始めはヒロインの由希の意味深な台詞が多くて、不思議なお話だなと感じながら読み進めていました。しかし少しずつ真相が明らかになるにつれて、過去の話がきちんと一本の筋となって繋がっていきます。

 そのギミック素晴らしさもさることながら、やはりこの作品の最大の魅力は由希の切ない心情を丁寧に描いているところだと思います。由希はこの言葉どんな気持ちで紡いだのだろうか。それを想像すると切ない気持ちになります。

 特に印象的なのは由希がはじめて春由と出会ったお話です。子猫に引っかかれた後の「誰かに付けられた傷は、誰かと触れ合った証なのだ」という一文が好きだからです。生きるということは何も楽しいことばかりではありません。嫌なこと辛いことがたくさんあります。普通の人ならそれらが相殺されて気持ちの均衡を保てるのですが、由希はおそらく楽しいとか嬉しいという感情が少なく相殺しきれない負の感情を抱えています。その感情を無理矢理正当化することでしかこの世界とつながりを感じ取ることが出来ない。そんな風に想像すると由希の喪失感は計り知れない物があり、こころがぎゅっと締め付けられるような感覚になりました。

 だから由希が春由に出会い、子猫のシロを一緒にに弔ったときの

 「もしもシロの一週間延びた命に意味があるとしたら、それはきっと君の中にあると思う。こんなに悲しんでもらえるほど、愛してもらったんだ。その機会をもらったそれだけで、この子は幸せだったんじゃないかな。ああ、そうだ。だって。」
――君はこの一週間のことを忘れないだろう。

という言葉はすごく重要なワードだと私は考えています。ここではじめて由希が痛み意外に現実世界とのつながりを見いだすことができたと考えるからです。そしてこの台詞を支えに何度も何度も春由へアタックを続けることになるきっかけとなるのです。

 ラストもまた印象的です。この物語が幸せな結末なのかそうではないのか私には分かりません。ただお互いがお互いを好きであるという事実は決してなくならないと思うし、それは由希にとっての生きてきた証なのです。痛みでしか生きていること感じられなかった少女が幸福という感情を知り、それをもって世界とつながり生きているという強く思えるようになったこと。悲しくはあるものの決して不幸では無かったと私は思います。あなたはこの結末をどう感じますか。ラストはあなた自身の目で確かめてみてください。そして読み終わったら、プロローグを読み直してください。きっと新しい発見が見つかることでしょう。